家族が沢山いても1万円以下で維持出来る格安スマホ

バナー

家族が沢山いても1万円以下で維持出来る格安スマホ

多くの家庭の悩みの種と言えば毎月の携帯電話料金の維持費ですが、その悩みをすぐに解消してくれるのが近年話題となっている格安スマホの台頭です。
格安スマホを家族で契約する場合のプランは、シェアプランにするのが最適であり、主回線を持っていれば副回線を2~4回線程度持つ事が出来る格安スマホ事業者が複数あります。



シェアプランは、主回線が音声通話SIMを契約しておくと同一名義の副回線を持つ事が可能で、副回線は音声基本料とシェアオプション料金を支払うのみで済みます。

シェアオプション料金は、副回線1回線目から掛かる場合や3回線目から料金が掛かる場合があるので、出来る限り安く抑えたい場合はオプション料金が掛からない事業者を選ぶと良いでしょう。



4人家族でシェアプランを持った場合の毎月の維持費は、主回線が10GBのデータ回線を持っている場合は5千円台や6千円台となっています。

格安スマホ(ドコモの通信網を利用する事業者)で使う際の端末は、今まで使っていたドコモの端末に新規契約したSIMカードをそのまま挿して使う事も可能であり、その際の注意点はカードサイズを間違えてしまうとうまくカードを挿し込めないので注意が必要です。

なお、AUで使っていた端末をドコモの通信網でサービスを提供している格安スマホ事業者で使う場合は、SIMロック解除が必要なので、手数料を支払ってロック解除を携帯電話ショップで行ってもらいましょう。



Copyright (C) 2017 家族が沢山いても1万円以下で維持出来る格安スマホ All Rights Reserved.